親との関係

クソ親父と食事が重なろうものなら、邪魔だ、むなグソ悪い、出てけと、豊田議員のように、怒るので、

必ず、親と食事時間をずらしているのだが、

私の食事時間が長かったり、カップラーメンを食べようとすると、うるさいと怒鳴られる。

ラーメンをすする音にも、気に触るらしく、怒鳴られる。だから、ラーメンは、食べられない。

クソ親父は、ただ、黙って、テレビ放送を見ている、情報弱者

その原因は,父親の御座所と台所が隣同士だからである。

自分の部屋で、食べたいのは、山々だけれど、そのためには、電子レンジ、冷蔵庫が必要になり、

結果として、冷蔵庫、電子レンジが揃った、台所で食べるのが、一番合理的になる。

そのくせ、毎晩の愛娘との電話タイムでは、鼻の下を長くして、声を上ずらせて、楽しそうに、談笑している。

その愛娘に対する愛情の1%でも、私に分けてくれないかなあ。

父親ももう、85歳。あと10年もすれば、逝くだろう。

それから、私の本当の人生が始まる。断章ん

広告を非表示にする