手をつなぐ相手と簡単に別れないで

恋愛は、最初の頃が一番甘く、順調に感じます。どこに行くにも一緒にいてくれるし、色んなことを分担してくれるし、もう独りぼっちなんかじゃない。誰かが自分のことを想っていてくれて、愛してくれている。どんな時も一緒にいさえすれば、それでいい。でも、どんどんと時間が経つにつれ、お互いのことをよく知るようになり、相手の欠点が目立ってくると、小さな問題がいろいろ出てきます。疲れたと思うようになったり、煩わしくなってきたり。

愛情というものは、拾ってきた石を磨き上げて、綺麗なピカピカの石にすることと似ています。拾って来たばかりの時は、そんなに好きでもなかったけども、そのうち愛着がわいてきて、好きになっていきます。あちこち行って色んな石を拾ってくるよりも、心を込め、勇気を持って今手元にある石をきれいに磨いてみてはどうでしょう。磨く過程では、大変なこともありますが、摩擦があればあったで、愛着がどんどんわいてくるはずです。大多数の人は、お互いの感情が薄れてきたから怠惰になってしまったと思っていますが、実際はその逆で、実は惰性のせいで感情が薄くなってしまったのです。愛憎とは表裏一体で、気持ちの持ち方で一変してしまいます。愛情に寛容は不可欠ですが、タイミングというものも大事です。色んなことは、ただ私たちの感じ方が変わってしまったから、事情が変わってしまったというものです。

私たちは、絶えず自分がとても愛する人と恋愛関係になりたいと思っていますが、でも、「とても愛する」ってどんなことでしょうか。それを、はっきりと答えられますか。実際は、よくわからないのではありませんか。最初はみな自分がとても愛する人を捜し求めるのですが、時間が経つにつれ分かってくるのが、自分は今までどれだけナイーヴだったのか、ということです。「とても愛する」という感じ方は、ある人とずっと一緒にいて、色んなことを一緒に経験して初めて「とても愛する」という感情が生まれるのです。皆さんは、百点満点のパートナーを探し当てて伴侶にしたいと思っているのでしょう。でも、人を愛するということは、相手を四分愛せればちょうどいい、あと三分は相手に対する希望や期待で、残りの三分は自分を愛すること。それ以上相手を愛すると、おそらくプレッシャーをかけることになります。そうなると、お互い息苦しくなり、恋愛の楽しさなど全くなくなります。だから、お酒を飲むのもほどほどにとか、腹八分ん目というように、恋愛も愛しすぎてはいけないのです。人を愛するとは、相手を理解し、理解させ、時に謝り、時に感謝し、気遣いを忘れず、分かっ\xA4

討△欧襪海函2翹鈇垢襪海箸任呂覆咩⊆擷影類譴襪海函5毿討垢襪里任呂覆咩〴架討砲覆襪海函◉拉曚垢襪里任呂覆咩∋抻鈇靴討△欧襪海函5楊笋垢襪里任呂覆咩〴愎瓦鮖鈇辰討△欧襪海函A覆┐襪里任呂覆咩⊆Ľ魴垢韻襪海函K困譴討靴泙Δ里任呂覆咩∨困譴覆い海函7擇呂困澆飽Δ靴討い襪箸聾世錣覆い如△修慮斥佞僚鼎澆鬚茲噶兇犬討ǂ蕁ヿ鈇砲靴討唎世気ぁ◀泙拭⌅紳个坊擇呂困澆飽Δ靴討い覆い箸盡世錣覆い任唎世気ぁ5儆鈇遼榲槪飽Δ垢訖佑❶¬腓粒阿膨匹そ个気譴討靴泙Δǂ發靴譴泙擦鵑ǂ蕁\xA3

(媽媽經より)