何年ぶりかのたらいうどん

昨日は、家内の銀行のアルバイト時代の後輩が二人お見えになった。このお二人にはいまだに何かとお世話になっている。明るく賑やかな方々なので、気弱な私でも楽しくご一緒できる。

午後は着付のお稽古なので、夕食をご一緒にいうことで、家内と相談の結果、讃岐うどんに決めた。うどんを打つのは悩みは無いが、どう食べるかは思案のしどころ。昨日の朝は、熱々のうどんに、知り合いからもらった調味醤油でぶっかけと考えたが、お昼前になるとどうも蒸し暑い。急遽方針変更して、冷たいうどんを特製つけ汁で食べることにした。

着付のお稽古をやっている最中に、つけ汁を準備。3番目の写真の一番左のだし醤油をベースにしてごまペーストを加えてごま風味の汁にした。汁の中には、冷蔵庫にある夏野菜類をさいころ状に切って加え、大葉を加えたら、2度と同じ汁は出来ないであろう特製のつけ汁の完成だ。この汁はトロミを軽くつけたらうどんサラダのタレに転用できるだろう。

木製のたらいに氷を入れて讃岐うどんをよ〜く冷やしてテーブルへ。歓声が上がる。写真が無いのが残念。

お陰様でお客様には大層喜んでいただけた。夜9時過ぎまで歓談が続く。