宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「西側文明は危機にさらされている」とトランプ大統領の「ワルシャワ演説」 (2017年07月07日発行) | 宮崎正弘の国際ニュース・早読み - メルマ!

ロシアの色が赤から多少白くなった?だけだもんな。ややこしい色かも。同様に支那竹も土色から赤茶けただけかなぁ?もっと酷いかもしれない。

GDPでロシアを上回る欧州諸国には・・。船頭多くて舟が山に乗っちゃってるのかな? EUなんて妄想が独り歩きしちゃって、ドイツの一人勝ち? 変なヨーロッパになった気がするのは爺だけだろうか、行ったことないけど今更行く気も無いけどね。(^^ゞ

宮崎正弘メルマ

http://melma.com/backnumber_45206_6552806/

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

平成29年(2017)7月7日(金曜日)弐

        通算第5344号  

 「西側文明は危機にさらされている」とトランプ大統領の「ワルシャワ演説」

   「生き延びようとするなら、行動しなければならない」

****************************************

 「この演説はかつてないほどに思想的である」とロシアのメディアが分析した(プラウダ英語版、7月6日)。

中欧十二ヶ国の首脳を集めてワルシャワで開催された「米・中欧サミット」で、トランプ大統領はNATOの防衛義務を果たすと明言し、西側の危機に団結して立ち向かうことを述べた。

「西側の文明はテロリズムハッカー、そして官僚主義の肥大化による機能不全などによって危機に直面している。生き残ろうとする意思がこれほど重大な意味を持つ時代はない」と、レトリックで飾られた演説ではなく、具体的行動を示した内容となった。

ポーランドの集会では民衆から熱烈は拍手が起きた。

 ロシアのウクライナとシリアにおける軍事行動を非難し、イランの行為を批判する一方で、トランプはNATOの一層の防衛努力を訴えた。

これまで報じられてきた米露緊張緩和のムードに水を差し、明らかにロシアとは一線を画する演説内容だった。翌日に予定されたプーチン大統領との初会合への強い牽制でもある。

 NATO諸国の疑念は、米国の防衛関与が低減してゆく不安、ウクライナ問題からの逃避にあり、アメリカンファーストとはNATOへの関与否定に繋がることだった。

しかしトランプはNATO条項第五条を遵守すると確約し、欧州における米軍のプレゼンスは継続されると確約した。同時にロシアとの協調路線は大幅に後退させたことを意味する。

  

 大統領選挙中のロシアによるハッカー妨害を「ロシア一国の犯行だったという証拠はない」としてロシア糾弾を避けてきたトランプだけに、この演説は路線転換にあたると見られる。

 ▲ポーランド国民はトランプを熱狂的に迎えた

 トランプ大統領のワルシャワ演説は、かくしてアメリカンファーストではなく、NATO諸国との共存、共同防衛の重要性を訴える結果となった。

「2018年の米国の中間選挙プーチンに妨害させない」とも発言し、米議会指導層からも歓迎された。

 トランプのワルシャワ演説はクラシスキ広場で行われ、2014年にオバマ前大統領がおこなったザムコウィ広場を避ける演出も行い、またユダヤ人団体はゲット訪問を回避しているとトランプを批判していたが、長女のイバンカが代理にホロコースト記念碑を訪れ献花した。

「欧州防衛はカネの問題ではない。自由を守るという意思の問題である」としたトランプは、NATO諸国のGDP2%の防衛負担義務を果たしていない国々への批判を展開してきた。

 トランプは続けてこう述べている。

 「中欧諸国はベルリンの壁が崩れてから28年を経過したがまだ経済も精神も完全に回復したとは言えないだろう。そのうえ新しい形態の戦争、ハッカーテロリズム、危険思想の蔓延と言った見えない脅威に晒され続けている。ロシアの影響力はそればかりかエネルギー供給の面でロシア依存度が高いという脆弱性を抱えている。今後は米国からのガスへの切り替えという選択肢により資源安全保障も考慮されるべきであろう」。

 ワルシャワのマリオットホテルに旅装を解いて、16時間滞在したトランプは次の訪問地ハンブルクへ向かった。

        □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 

  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ♪

樋泉克夫のコラム

@@@@@@@@

【知道中国 1595回】            

  ――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富34)

   ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

   ▽

 いよいよ最終章の「結論一則」で、徳富は長かった旅を総括する。

 日露戦争が終わるや、誰もが「極東の泰平は、保障せられたり」と思った。さらに日英同盟が改訂され、「保障せられたる泰平は、更らに一層の安全を加え」たことで、「我か官民は、全力を、平和的經營に傾け」ることができるようになったはず。だが「極東の大局」が定まったわけではない。実態は「今尚ほ驚波駭浪の中に在」る。

 たとえば「我か保護國として、既に業に安全の位置にありと思へ」る韓国だが、「事實の眞相を察する識者あらは、韓國の事未た定らすと斷言するを、遲疑せさる可し」。であればこそ、韓国には積極策を以て対処することが「日本の爲め」「韓國人民の爲め」「極東平和の爲めに」急務なのだ。

 満州については、「眞成に安全なる滿洲たらしむるには、尚ほ幾多の歳月を要す」。満州の現実は日露戦争後も一向に変わらない。「但た南満洲に於て、露人と日本人の交代したるの外、何等の變動なし」。満州問題の解決は、これからが本番である。

 清国の前途。これはもう「雲を攫むか如し」。「清國の即今は、?酵期に」あり、「到底現状を維持」できそうにない。維持できないなら、「如何に變化す可き乎」。たしかに「立憲政體設立の上諭、官制改革の取調等」がみられるが、「面倒は寧ろ此」れからだ。

「韓國も」「滿洲も」「清國も不定也」。「極東の大局は、今尚ほ不定の情態に彷徨する也と思ふ」。だから「極東問題は、今日に終らすして、今後に始るものと信」じるし、解決への責任は「殆んと專ら之(日本国民)に歸す」ことは、敢えて多言を要しないだろう。

 実は日露戦争は「思ひ掛けなき大影響を、世界に」与え、現に与えつつある。最大の影響が「世界の黄白二大人種の間に、平等を齎すの傾向」である。これこそが「二十世紀に於ける、世界の大現象」であり、日露戦争が「其の唯一の原因たらさるも、殆んと主重なる動機に相違なきものゝ如し」だ。

「人類同胞、四海兄弟を以て、其の信條の一としたる基督教宣?師」にしてから、その「地位は、宛も征服者の如く」であり、「清國に於ける、基督?傳道の失敗」は「主として此の人種的不平等の迷信謬行に歸すると以つて、當然と認むる」ものである。

たしかに日露戦争は白人の持つ「人種的迷信を打破し」たことを認めるが、「されと餘り多きを認めす」。彼ら白人が、白人以外を全面的に認めたわけではない。だから「彼等の醒覺に、多きを望むよりも、寧ろ黄人の自覺に驚異せさるを得」ないのだ。

日露戦争の影響は程度の差はあるが、「土耳其の對外硬、埃及の國民的精神の勃興、回?徒の自覚覺運動、若しくは波斯、暹羅に至る迄」に及んでいるが、やはり「注意す可きは、支那人の自覺」そのものといえる。

支那人は、一方に於て、從來自から中國人を以て居り。他の人種を、蠻夷視し」てきたが、「其の蠻夷たる白人より、非常なる虐遇を被りても、殆んと意に介する所」はなかった。それというのも「自個の地位を、餘りに高く」思っていたからだろうが、結果的には「自ら奴隷の境遇に、安著し」てしまった。だが今や状況は一変した。「彼も人也、我も人也、の觀念は、殆んと支那全國に普及せられ」、現在と将来のみならず過去に遡っても、「出來得る限りに於て」、白人が強制した不平等を撤廃し、「其の平衡を恢復せんと企てつゝある」ようだ。この試みが現実的に成功するか否かは不明だが、「其の平等的自覺心は、决して看過す可からさる現象とす」べきだ。「露骨に白状せしめは、其の或は一變して、壤夷的暴擧に變せんことを虞るゝ」ばかりである。

「三十七八年役」と呼ばれる日露戦争勝利の世界史的意義を、徳富は熱く説く。

QED

     ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  

 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ♪

(読者の声1) 貴誌前号の記事に欧州訪問直前にシシ(エジプト大統領)の訪問を受けたとありますが、どうやらエアフォースワンからの電話会談だった由です。

   (HG生、横浜)

  ♪

(読者の声2)千田会は宮崎正弘先生『世界情勢、これからの読み方』と題して後援会を開催します。

http://www.kokuchpro.com/event/a60565b0b50610a6dc6df92bc49678c7/

     記

【日 時】 7月15日(土) 14時〜16時30分(開場:13時40分)

【会 場】 文京シビック4階ホール(文京シビックセンター内)

        東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111

丸の内線・南北線後楽園駅」。都営三田線大江戸線春日駅」徒歩1分

 講師   作家・評論家 宮崎正弘先生

演題   『世界情勢、これからの読み方』

【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円

事前申込の学生:500円、高校生以下無料

【懇親会】 17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円

【申込先】 7月14日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は7月13日 23時迄。当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます)

【主 催】  千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50

https://twitter.com/Masahiro_Senda

FAX 0866-92-3551 

E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp

http://www.kokuchpro.com/event/a60565b0b50610a6dc6df92bc49678c7/

        ▽□◎▽□◎□▽◎□◇◎▽□◎ 

赤い支那大陸どころかの赤茶けたもんな。何世紀も快復不能なほど汚染し捲くりだ。元々汚染大陸だったものを改革開放後の30年程で人間が犯しうるすべての汚染を垂れ流したし、まだ続けるんだろうな。手助けし過ぎたな日本は。これ程までに行儀が悪いとは・・・。

毎日ウォッチしてないけどさ、支那大陸の上空のpm2.5の汚染は酷すぎる。呼吸器疾患でバタバタ逝きそうだ。と勝手に考えてるけど。現実はどうなんだろうか?

しかし支那竹土人は汚染に強いよな?