読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の桜の下にて

Nしゃん、おはよう

一旦は躊躇しだけど、少し小降りになったので、

長靴はいてやってきましたが、

また本降りになってきました。

桜さまの空気だけを吸って、退散です。

続きは家でね

もう6年の歳月が流れましたね。

7回忌を済ませて何となく7年が経ってしまったと

錯覚してしまいますが、実質は6年。

命日からが7年目に入ったのですね。

雨の中を散歩していて思い出しました。

丁度同じように激しく降る雨の中を

M穂さんと二人で、やっぱり桜を目指して歩いていました。

なんでそんな日にまで桜に向かったのかは

よく分かりませんが、そうせずにはいられない気持ちを

二人は持っていたと思います。

自分たちを救ってくれる桜

そう信じて桜に毎日出かけました。

たった3日間の休みを取っただけで

職場に復帰したM穂さんは

今、考えても凄いと思います。

多分、平常心ではいられなかったはずなのに

平然と?職場に戻っていけた彼女は

凄いなと思います。

職場の方々の理解と思いやりもあってのこと。

全てに感謝です。

もうあれから6年

何時も見守り続けてくれる

桜さまに感謝・感謝のみです。

今生かされている幸せを感じながら、

あの頃の土砂降りの雨の中の散歩を

思い出してます。