臨機応変に生きよう♪ ☆

沿道の桜もすっかり花を落とし

僅かに遅咲きの同胞が残されて

有終の美を際立たせていた

僕はその頑張る姿を眺めて

思わず「美しい」と感じた

遅咲きには 遅咲きの利がある

咲き揃っている時には

そのひとつ ひとつを丹念に

眺めてくれる花見客は少ない

周りが堕ちてしまえば

自然に視線が彼らに向く

だから「花冥利」の視点に立てば

早咲きか? 遅咲きの方が

甲斐が大きいようにも思えた

昨夜は感動の興奮が覚めやらぬ中、

ある友人から電話で

「花見ごときに

新潟まで行ったのか?」と

大笑いされてしまった

それこそが「価値観の違い」なのだ

かける時間や経済的なことを考えれば

答えを問う必要なんて在りはしない

「何が自分にとって大切か?」

そこに、

このパラドックスの正体が潜んでいる

人間は自分の物差しで量りたがる

正反対の物差しも世の中 に在る事を

意識するだけでも姿勢が変わってくる

お金が1番なら

balance seat だけ考えれば済む

だけど人間は一筋縄ではゆかない

「命を捨てても守りたいもの」

その、何たるかを知れば

相手を理解するのに大いに役立つ

疎外された異色にも

それなりの言い分はあるものだ

耳を貸してくれる人は少ないけどネ

まっ、

人間万事塞翁が馬

僕にはヤッパリ これしかない

自分が望むことと

現実の距離は広がるばかりでも

希望だけは絶対に捨てたくない

昨日出会った

素晴らしい笑顔の数々に

目が覚めるような感動を覚えた

そんな笑顔の素を音で綴れたら

命を引き換えにしても惜しくない

悲しむ人がいない代わりに

笑顔になれる人を得るのだ☆

人は失うモノもあれぱ

得るモノもある

自身の中で、

そのbalanceが取れてさえいれば

僕はそれで良い気がしている

最近は、

我慢や忍耐を教える人が少なくなった

説けば大多数に嫌われるからだ

だけど、

その力は物事の勝機を見定める

心強い味方になってくれる

「急いては 事を仕損じる」

本当に その通りだ

「action や reaction には

最適なタイミングがある」

という話を何処かで聞いた事がある

機を逸すれば効果が無くなるだけでなく

取り返しがつかない失敗を招いたりする

「機に臨み変に応ず」

是非、この力を会得したいと思う

そうすれば、

人生も 更に豊かで楽しいモノになる

この新しい週も

素敵な毎日を過ごせますように♪