読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出城

【釈迦に出家を決意させた美女たちの姿態とは】

だまされてた!これが人間の真実の姿なのだ・・シッダルタ太子の出城

浄飯王は、太子の行く先を心配して、春夏秋冬の御殿を立てられ、

それぞれの殿堂に五百の美女をはべらせ昼夜、歌や舞でで太子をなぐさめようとされました。

ところが、太子にとっては、この楽しみも夢や幻でしかなく

むなしさこそ感じることはあっても、喜びは見いだせなかったのです。

ある真夜中のことです。 ふと目を覚まされた太子が周りを見て愕然とせられました。

何と、目の前に横たわっているのは、夜の宴の後、昼間は、美しく飾っていた才女たちが、

酒につぶれ、踊りにつかれて、影も形もない醜態でねっころがっている姿でした。

いびきをかき、衣服は乱れ、昼間とはまったく違うその乱れた姿に太子は愕然としたのです。

「だまされていた、だまされていた、これこそが人間の真実の姿なのだ」

もう、迷ってはおれぬ、今こそ、出城のチャンスとシャノクという従者を従え、

ケンジョクという馬に乗り、 夜中、ひそかに城を抜け出されたのでありました。

時に太子29才の2月8日の時でした。

関連記事も多数・プレゼントもあり↓

http://bukkyouwakaru.com/dic/s12.html

ブッダの教えを学ぼう!fbページより