読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記者会見の体を成していない

今村復興大臣と検索すると候補にネクタイと出ます。激高は次点でした。

今村大臣のエバンゲリオンネクタイの方が盛り上がってしまった訳ですが本題へ。

記者の方は、フリーランスの西中誠一郎氏。

動画を見ていると、西中誠一郎氏が記者会見というより論争を吹っかけているようです。

大震災の避難者各々の事情はあるので、何とも言えません。

しかし、避難者支援にしても、法令の範疇の支援です。

復興省は国の役所なので、実際は各県や各自治体の職員が現場の避難者に対応される。

国は各自治体職員幹部との交渉となる。

現場を考えながら西中誠一郎の質問を見ると違和感がある。

各自治体職員に取材しての質問なのか。

自分個人や特定政治団体の宣伝のオルグ活動の一環なのか。

既存マスゴミが、突っ込んだ取材や報道しないので西中誠一郎氏のよう人も重宝されるのか。

西中誠一郎氏は自由で宜しいと思い込んでいるフシがある。

避難者側や自治体職員も西中誠一郎氏に迷惑していると思います。

いうまでも無いですが、今村復興大臣も神輿が軽いというか政治家として甘やかされているんでしょう。

国民として情けないス。

謝罪会見はエバネクタイ外していたので、職員か秘書がネットでエバネクタイ騒がれているアシストあったんでしょう。遅いですけど。

ご参考

保守速報

http://hosyusokuhou.jp/archives/48789659.html

今村復興相 会見で激高し謝罪