読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝不足だった

 昨日は、朝から眠気が強くて、困った。それもそのはずである。実は、朝は午前3時半過ぎに目が覚めてしまったからだ。いつもの時間には布団から出たが、全く寝られず、却って食事をして空が眠くなって仕方が無かった。これでは、午後からの魔の時間帯には睡魔に襲われても仕方が無かろう。そのため、夕方にはもう相当な疲労を覚えてしまった。今週で退職というのに、こんなことではだめだなと言う感覚だ。

 さて、今日は水曜日だ。勤務が終わってから、今年度最後の中国語勉強会がある。先週は先生の都合で休みであったので、何とか行きたいと思っている。今日は眠気の方は多分大丈夫であろう。いつもいつも眠いわけではないのだから(笑)。今日はまだお天気も大丈夫なようなので、ほっとしている。でも、明日は雨かもしれない。

 しよくにつきすぎさりしひをおもひだししばしのあひだふでのとまるる

 (職に就き過ぎ去りし日を思ひ出し暫しの間筆の止まるる)

 職仁徒支過幾佐利之日遠於毛非多之ゝ波志乃間筆能止満留流

というところだ。それにしても、ふと思い出すと、いつもこんなふうになってしまう。やはり長い歳月を思い出していると、どうしても我を忘れることがある。もう人生の一区切りを迎えるというのも不思議な気分である。もうこんな年齢になっているというのも大変不思議な感じがしている。