野生は文明に包まれて、宇宙へ<『キリンヤガ』>なのかもしれないな

キリンヤガ

KRINYAGA:A FABLE OF UTOPIA

 時にSFは寓話として語られる。存在し得ない事象の起こり得ない事柄を描きながらも、それが存在しまた起こった時に人がとる行動や、世の中の動きを想像させることで読む者の心に警鐘を鳴らす。

 寓話が寓話たる所以は1つに、いかようにも取れる物語に必ずや、現実世界に適用可能な警句が含まれていることがある。見つければ幸いを得ることができるが、見落とせば不幸せをもたらす。そして寓話が寓話たる所以はもう1つ、あからさまに現実をなぞらえて警句を発していないことがある。伝聞なら聞き手は、書物なら読み手はだから寓話を読み解きその意図を、正しく理解し現実に適用する方法を学ばなくてはならない。

 SFの全てがもちろん寓話とは限らない。解放された想像力の遊び場と認め、その中に身を委ねて漂う快楽を供する作品も多く確かに存在する。だが、疾走する想像力に身を任せて流される至福に酔ってばかりいると、寓話として書かれた作品の込められた警句を見落としてしまう可能性もある。受け取り方によっても寓話の意図は正しく伝わらない。寓話として警鐘を内包したSF作品をだから読者は、よくよく深く読み込んでその意図を理解しようと務めなくてはならない。

 マイク・レズニックが、アフリカはケニアという国がある地域に暮らしていたキクユ族が、昔ながらの暮らしを復活させるために移住した惑星を舞台に、そこでの人々の暮らしを描いた連作SF短編集「キリンヤガ」(早川書房、820円)は、惑星移住という存在し得ない事象の起こり得ない事柄を描きながらも、読む者に現実を改めて見据えさせる様々な警句に富んだ、寓話としての強い力を持っている。

 22世紀。アフリカも都市が開けて人々はサバンナでもジャングルでもないビル街に暮らして欧米と何ら遜色のない文明社会を築き上げている。だが祖先が営んで来た原始からの暮らしを記憶に止めている者たちの中に、白人が線引をして決めた「ケニア人」ではなく「キクユ族」としての暮らしへの回帰を求めて戦う者たちが生まれて来た。その1人、コリバは欧米の大学で学んだエリートでありながら、自らをキクユ族独特のムンドゥムグ=祈祷師と認めて文明を拒否し、仲間たちとテラフォーミングされた小惑星「キリンヤガ」へと移り住み、文明化される前のキクユ族としての暮らしを始めた。

 だが、移住しても周囲は22世紀の世界であり宇宙へと進出する科学力を持った人類が存在し、地球には高度に文明社会を営むキクユ族、今のケニア人たちが存在する。ムンドゥムングの祈祷の威力を陰で支えるコンピュータネットワークがあり、気象衛星小惑星の周囲を巡り、祈祷で薬草でも救えない子供をたちどころに尚してしまう医療がある。「キリンヤガ」では夫には逆らわず老いては子に従い学問など必要とされていない女も、その他の場所では自立し台頭で学問も必要とされている。

 短編の1つ「空にふれた少女」に登場するカマリは、ケニヤだったら聡明な少女として大成したかもしれなかった。しかし「キリンヤガ」では女性が文字を読み書くことなど許されず、カマリは思いかなわず死を選ぶ。「篭の鳥が死ぬわけを知っています 鳥たちと同じように、あたしも空にふれたから」。カマリが詩として残した言葉の寓意は果たして旧弊なるものへの抵抗だったのか、それでも旧弊を貫き通すコリバの強さへの賛辞だったのか。

 短編はさらに寓意を積み重ねる。跡継ぎにと頼んだ少年、ンデミは知識を得るに連れてコリバの話すキクユ族に伝わる寓話を古めかしく直裁的ではなく嘘が多いと非難するようになり、やがてコリバの元を去っていく。墜落した宇宙船のパイロットを救いに表れた文明世界の女医が、彼女の倫理で施した文明世界の医療がムンドゥムングの権威を失墜させ、彼が排除しようと務めたあらゆる文明が「キリンヤガ」へと入り込んで来る。

 冒頭にキクユ族の寓話が進む太陽を愚かにも人が止めようとして仕舞うという教訓が語られ、事実そのとおりになっていった「キリンヤガ」を描いた短編「古き神々の死すとき」を、冒頭の寓意そのままに原始への回帰を嗤う寓意と取るべきなのか、それすらも含めて原始から未来へ、未来から原始へと思いのままに揺れ動く、人間の賢しらな振る舞いを嗤った寓意と見るべきなのか。

 破れたコリバを文明の敵と糾弾するも可能。誘惑の弱すぎる人間の愚かしさを嘆くのも可能。だが寓話が寓話たる所以になぞらえ、いかようにもとれるその寓意から真意を読みとれなかった時に人は、短編「ささやかな知識」の冒頭に掲げられたキクユ族の寓話そのままに、蟻と同じく甘い蜜ばかりを集めた象でありライオンと同じ、飢えて痩せ衰えた姿をさらすことになる。寓話で語られた事実の下にひそむ真実を見つけられなかった罰として、考える力を奪われ支配に甘んじることになる。

 感動に酔い感傷に浸るのも大いに結構。想像力の泉に浸って涙にくれてもらって構わない。「キリンヤガ」がそれだけの力を持った物語であることに誰も否定はできない。だが幾重にも折り重ねられた寓話の事実そその下の真意を探った「寓話」としての「キリンヤガ」に、作者がこめた真意を読み解くまでは涙を流すことはできない。文明は敵か、見方か。経験だけがその答えを教えてくれるのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー

http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/kirinyaga.html

小説でもドラマでも映画でも、「好きな展開」というものは誰にでもあると思います。どういうのが好きかはおいといて、僕が好きなのは「知らなければ幸せだったのに」的な展開。そういや楽しんで読めたあの本もこの本もそうだったな、と気づかせてくれたのがこのマイク・レズニックの「キリンヤガ」です。

マイク・レズニック「キリンヤガ」(ハヤカワSF文庫)

51ZQNMR2JPL(この帯の文句に惹かれて読みました笑)

タイトルからはまったく内容が予想できませんが、あらすじはこんな感じ。

絶滅に瀕したアフリカの種族、キクユ族のために設立されたユートピア小惑星、キリンヤガ。楽園の純潔を護る使命をひとり背負う祈祷師、コリバは今日も孤独な闘いを強いられる…ヒューゴー賞受賞の表題作ほか、古き良き共同体で暮らすには聡明すぎた少女カマリの悲劇を描くSFマガジン読者賞受賞の名品「空にふれた少女」など、ヒューゴー賞ローカス賞・SFクロニクル賞・SFマガジン読者賞・ホーマー賞など15賞受賞、SF史上最多数の栄誉を受け、21世紀の古典の座を約束された、感動のオムニバス長篇。

キリンヤガ -「BOOK」データベースより

失われつつある楽園を守るために現代的な生活を捨て、あえて文明化以前の暮らしを再現した小惑星「キリンヤガ」。そこで生きる人々の暮らしを寓話的に描いた本作は、帯でもわかるよう、非常に多くの賞を獲得したまさに傑作。特にあらすじでも触れられている「空にふれた少女」は、僕のような「知らなければ幸せだったのに」フェチの心に深々と突き刺さります。

「空にふれた〜」をものすご〜くざっくりまとめると、「井の中の蛙大海を知らず」の逆で、大海を知ってしまった蛙はそのとき何を思うのか、という話です。知らなくてよかった現実に触れてしまったとき、少女は何を考え、どうすることにしたのか。

それにしてもこの本、大学時代にうちに来た高校の同級生に貸したまま帰ってきません。回収するのも手間だし、また買うか……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

http://navionthewheels.jp/higoshi/106/

『キリンヤガ』 マイク・レズニック (ハヤカワ文庫)

 原理主義的なユートピアが失敗する話。その間に起こる、いろんな悲劇について書かれている。中でも「空にふれた少女」は誰もが認めるだろう傑作だ。レズニックはお話作りがうまいんだよね。とても読みやすいし、テーマもはっきりしている。とりわけ「変化」の側に共感しがちなSFファンには色々と考えるネタを与えてくれる。それだけに、アメリカ人じゃない身としては、本来われわれにとってごく身近に感じるべき物語をここまで人工的に寓話的に作り上げられてしまうことに、ちょっと反感を覚えるところも出てくる。ここに描かれるキリンヤガは、キクユ族の伝統社会というより、ほとんどカルト宗教のコミューンみたいに人工的だ。実際の世界や日本で、中東やアフリカや、いやぼくら日本の現実の中にいるカマリたちが立ち向かわなければならないのは、もっとどろどろとして、あいまいな、敵の姿もはっきりしない、それでいて本書と同じくらい厳しい拒絶と抑圧なのだ。「伝統」だって、現実にはもっと柔軟で、それだけにもっと手強いものだろう。おそらくコリバが去った後のキリンヤガに、その「現実的で世俗的な」伝統社会ができあがるのだろう。そこに住むのはコリバ

の思うキクユ族ではないかも知れないが、ケニヤ人でもない、キリンヤガ族なのだろう。そして、聡明な少年少女に対する抑圧は相変わらず続いていくのだ。現実の世界と同じように。いや、本書が傑作だというのを否定するわけじゃない。でもぼくはレズニックがどうも今ひとつ好きじゃないのだなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

http://www.asahi-net.or.jp/~li7m-oon/thatta01/th9907/utiwa.htm#u01

2011年02月18日

『キリンヤガ』マイク・レズニック アフリカSFの可能性  

 傑作の評価が高い一方、水鏡子氏があまり高く買っていないためにペンディングしていた一冊。氏はポール・アンダースンを引き合いに出しているが、この図式的な世界の描写はたしかになるほどアンダースン。

キリンヤガ (ハヤカワ文庫SF)

キリンヤガ (ハヤカワ文庫SF)

 キクユ族のシャーマン、コリバがしばしば少年たちに語る寓話は、あまりにも意図が直接的すぎて複雑さや多義性を欠いており、キユクの共同体が西欧文明を導入したらどうなるかという説教を除いたら、あとになにも残らない。比喩があまりにもあからさまなので、物語の途中からは子供たちにまで突っ込まれる始末だ。

 これは同時にレズニックの語る『キリンヤガ』から、ラディカルな分離主義の理想に任せて閉鎖的なコミューンを作ったらどうなるかという説教以上のものがあるのかという疑問を読み手に抱かせてしまうことになる。

 それなりに巧妙なのは、シャーマンであり分離主義の狂信的なリーダーであるコリバは、西洋の知識を学んでいるという設定(ケンブリッジとイェールだ)。

 西洋の近代的な知識を学んだあとに民族運動や、反知識人運動に転じたパーソナリティとしてフランツ・ファノンや醜悪な形態としてのポル・ポトを思い浮かべることはできるけれども、こうしたエキセントリックなエスニシズムとでも言いうるものは、伝統的な本来の民族的生活(そんなものが本質的に抽出できるのかという問題もあるけど)の中から生まれてくるものではなく、むしろ西洋の学問を経由していることを隠蔽しつつ拒絶するというような身振りから発生していることをレズニックはおさえていて、それをさりげなく提示することで、本物のエスニック(だからそんなものが本質的に以下略)なものを批判することについては留保していることである。

 大野万紀氏は「内輪」で、「ここに描かれるキリンヤガは、キクユ族の伝統社会というより、ほとんどカルト宗教のコミューンみたいに人工的だ」と書いているけれど、それは当たり前で、これは西洋の知によって解釈されたそもそも人工的な擬似民族社会カルトなのだということをレズニックははっきりと(ではないかもしれないが、ヒントを出して)書いている。

 直感的な反応としては「正しい書き方だが、小ざかしい」ということに尽きる。私は小ざかしい人間なので、他人の小ざかしさには猛烈に敏感だ。結局のところ、レズニックは自分にとって図式的に批判しやすくぴったり切りつづめた人工的な社会を悪い意味でSF的な安直さで採用してしまっている。だからわたしも大野氏と同じように、近代社会の前に立たされた民族社会の多義性を書くことに失敗しているというか避けていると、この作品を評価せざるを得ない。

 シャーマンである、コリバが外部の文明世界との接触を保ち、彼らの科学技術の力を借りて、シャーマンとしての天候をあやつる秘儀を行使するなんて設定も、実に小憎らしく「レズニックさん、よく勉強しましたネェ」と言いたくなってくる。

 んで、なぜ白人男性であるレズニックがSFでアフリカを書かなければならないのかということが一番ひっかかった。どうも余計なお世話だという感情がわかざるを得ず。レズニックは書くべきでないものを書いてしまったのではないかという疑念もある。

 伝統回帰主義者が、ユートピアを実現しようとするも、文明の流入によって硬直した社会が変容していき、やがては自身がその社会から追われるというようなことを書かなければならない主体性がレズニックにはあるのかという、SFには珍しく、作品内部の批評にはとどまらない水準の問題を『キリンヤガ』は、はらんでしまっている。

 アフリカの民族の文化再生をかけたコリバの投企を、自身は一切傷つくことのない第三者として、しかも描写としてはアフリカ部族内部の視点を通すような悪質な形で批判しようとするなら、レズニックはそれこそ無邪気で傲慢なグローバル主義者に他ならない。アメリカであったというこの作品への批判は、おそらくこうした側面も強かったのではないかと思う。

(『森下一仁のSFガイド』)

 コリバのような、観念的倒錯の発生する場所に、はたしてレズニックは一度でも身を置いたことがあるのかということにこだわるのは、つまりオレがこうした倒錯の当事者のようなものでもあるからだ。

 さて「このようなことを書く権利はない」と断定する当事者からの立場も、「書く権利はある」と言いつのる部外者からの立場も、しょせんはともに傲慢なものでしかないと裁断する第三者の立場もまた傲慢なものであろう。

 このあとには文末に「〜もまた傲慢」とコピペしていけば、他者を裁く立場には限りのない循環があらわれるのであり、この運動から身をもぎ離すためには、究極、「どの傲慢の立場に居直るならば、そこから生じるどのような罰を受けることもかまわないか」という飛躍のみがある。

 コリバの文明世界に対する頑迷な態度を嘲罵することはたやすいことではあるが、革命家とは、なによりも先に、まず自らに有罪の判決を下したものである以上、こうした安全圏からの批判は彼にとってはまったく届かない(届いたらそれは転向である)。そうした意味では、ユートピアの崩壊があからさまになる「古き神々の死すとき」において、変容を遂げようとする社会に対して絶望的なまでに反動ぶりを爆発させる瞬間こそが、コリバ個人のユートピアが逆説的に達成されているときだとも言えるのであり、総論各論ともに肯定する気にはなれないコリバに対して、もっともわたしが共感できるときだった。表面化しているモチーフによって、伝統主義や地域主義と世界精神との対立という構図が目立ってしまうけれども、実のところこれは無用者としてのインテリゲンチャの小説でもある。

 

 作品的にちょっと弱いのは、コリバとともに植民してきた人々が、当初どのような理想を持っていたのかが分からないこと。同時期に入植してきた人々は、西欧の技術に対して相応の知識があるはずだから、キリンヤガにあらためて流入してきた科学技術や医療の知識をまったく知らないというわけはない。ダブルシンクみたいなものをおこなっている(知っていても知らないふりをしているとか)のかと思ったが、そうでもないようだ。

 このへんは、入植前のコリバたちの運動なども丁寧に書かれていればというところもあるが、もとはシェアード・ワールドものの一篇として構想されたというから、やや甘い設定は仕方ないのか。

 それにしてもアフリカは相変わらず西洋の言語によって記述されなければならないのか。

 ふと思いついて「アフリカSF」で検索したけれども、やはりろくな情報は引っかかってこない。文学の領域において非西洋言語圏のものが世界市場で占める割合は絶望的に低いのだけれども、SFにおいてはその傾向がさらに高いのではないか。

 SFというジャンルが受容されうる地域というのは、工業化の浸透が一定以上に進んでいるなどの条件はあるのだろうけれども、今後アフリカSFというものが成立する余地はあるんだろうか。

 あってほしいと思う。アフリカのクラークとでも呼ばれるべき人物が必要だ。浮世離れした人道主義者の理想家で、技術の普遍的な価値とヒューマニズムを同時にアフリカの大地に軟着陸させるような偉大な才能が。

 さらにその上で、そのような態度の良心的なSFの欺瞞性・抑圧性を撃ち、SFの技法を駆使しながら、近代化によってこうむったアフリカ社会の変容について、アフリカの内側から描くラディカルな作家が現れたときにSFの地勢は、後退不能な変革を強いられるのではないかと思われる。

『キリンヤガ』中、一番の作品は衆目の一致するところ「空にふれた少女」だろう。キクユ族の社会を生きながら、また同時に知識を得たい、学びたいという少女カマリの、シャーマン・コリバを向こうに回した幼い闘いは、芽の生えかけた段階で悲劇的な結末を迎えるが、悲しむことはない。

 レズニックは、この件に関しては書くべきでないことを書かなかったのだ。いずれ、数千数万のカマリたちが、自分たちの口で、自分たちの闘いを喜びをこめて語り始めるだろう。

 ものすごく文句ばかりを言ったような気がするが、これだけ文章を書いたということは、つまり面白かったということ。

 レビューでは「SFの設定は借りているが…」というような書き方が目につくけれど、水鏡子氏がSFのコアな方法論のサンプルとして挙げるアンダースンにたとえていたように、これは間違いなく方法論的にSFです。

 アンダースンとの比較については『アニマ・ソラリス』のブックレビューで雀部氏が簡潔にまとめています。結論自体はアンダースンとレズニックでは真逆ですが、アプローチとしては同一線上にあることが分かると思います。

 しかし、あの作者あとがきはカットした方がよかったんではないかなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

http://sukeru.seesaa.net/article/186508192.html